アメニティと立地で施設の古さを補う?武蔵野ゴルフクラブ




Pocket

初のコンペは、かなり残念で・・・不本意なスコアのために昨日の朝すぐに次のラウンド予定、そのまた次のラウンド予定まで入れてしまったGOL嫁です。

今日は、コンペの会場となった武蔵野ゴルフクラブについて書いて見ます。

八王子I.C.から5km、あきる野I.C.から4km

住所に東京都がつく武蔵野ゴルフクラブは、アクセスの良さがウリポイントと言っても良いのでは、ないでしょうか?

中央道を利用した場合は、八王子I.C.から5km 圏央道を利用した場合は、あきる野I.C.から4kmで高速道路の渋滞だけを心配すれば良い立地です。

GOL嫁は、往路は、7時すぎに東名〜圏央道の経路で若干圏央道へのジャンクション付近での渋滞がありましたが横浜青葉I.C.から60分で到着しました。復路は、18時すぎに中央道〜環八〜東名の経路でほぼ渋滞もなく60分で帰宅しました。(平日です。)

自宅から1時間で到着できる貴重なゴルフ場です。

※立川駅からクラブバスも出ています。

クラブハウスは、歴史を感じる

1960年開場の武蔵野ゴルフクラブ 見た目は、古いなと感じずには、いられません。クラブハウス内もこじんまり(狭い)とした雰囲気でバブル期に建てられたゴルフ場とは、古くからある熱海の旅館?の様な雰囲気のエントランスとフロントエリアでした。

受付は、フロントで行いましたがお支払いは、自動精算機でお支払いしました。壁のトーンが暗い感じなので明るく開放的なクラブハウス・・・という感じになりません。

女性のロッカールームは、その狭さに驚くくらいの狭小スペースにロッカーをぎっしり入れた感じで(ロッカー数は、60以上あったと思う)14人の女性が参加した今回のコンペには、向かない感じがしました。靴の脱ぎ履きに重宝するベンチでさえも邪魔と感じる狭さでした。

手入れの行き届いたトイレ&脱衣エリア

前述した通り古めの施設ですが歴史を感じる古さで決して老朽化している訳では、ありません。

何度もリフォームされている様で自動精算機が導入されていたり貴重品ロッカーも新しいものが設置されています。

お手洗いのもウォシュレットが完備されていて洗面台のシンクもノズルハンドル部分もとても綺麗に清掃されています。

フロントやエントランスは、壁の色が濃いので暗い印象を受けましたが浴室の脱衣エリアは、壁の色も明るく照明も多く明るく清潔な印象を受けました。しかしロッカー同様にスペースは、狭めでもう少しゆとりのある作りだと優雅なゴルフ気分になれるのに・・・と残念です。

公式サイトよりお借りしました。

パウダーエリア&トイレのアメニティは、充実!

GOL嫁のこだわり確認ポイントのアメニティまずは、トイレから

  • 歯ブラシ(あるとちゃんとしたゴルフ場だと思う)
  • 紙コップ
  • うがい薬
  • くし
  • タオル

ハンドクリームもあったのかも・・・(ここ記憶が曖昧ですみません)

パウダーエリアにあったもの

  • クリームライプのクレンジング
  • 化粧水&乳液
  • 綿棒&コットン
  • くし&ブラシ
  • ハンドソープ
  • ドライヤー

パウダーエリアは、パーテーションで区切られているので隣が気になりません。ドライヤーもシンクも自分専用で使えるタイプ(お隣の方がメイクしたり髪を乾かす姿も鏡に映らないので何と無くゆったり支度を整えることができました。女性ゴルファーに嬉しい心遣いです。

武蔵野ゴルフクラブは、清掃状態、アメニティなど使用する人の事をよく考え限られた条件の施設を快適に使ってもらいたいと言う気配りを感じられました。

次回は、コースの様子と食事について書いてみます。

 
今日も応援の1クリックお願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です