裏側から見た サロンパスカップ2018

Pocket

茨城ゴルフ俱楽部での4日間の熱い暑い戦いから帰ってきたGOL嫁

LPGAサロンパスカップにお邪魔する様になってから4年目となりますが自分のゴルフ熱の上昇と共にこの時期が楽しみになっています。今日は、4日間飲食ブースで働きながら感じた事をつらつらと書いてみようと思います。

ゴルフ場の朝は、早い

一般のお客様の入場開始は、午前6時30分です。入場時には、コース内のケイタリングカー(キッチンカー)もコース手前にあるイベントブースや飲食ブースも全てオープンしていなくては、なりません。

毎朝5時30分にコース内へ、GOL嫁がコース内へ入る時間には、すでにコース整備の方々は、お仕事を始めていらっしゃいました。バンカーの整備やグリーンのプレス、特に暴風雨だった初日の朝の整備の様子を見ていると本当に大変そうでバンカーを雨具を着た4~5人の方で整える様子を見ているとこの大会にかける愛情の様なものを感じずには、いられませんでした。

定点観測派と回遊派

観戦のお客様には、2種類の観戦方法がある様でした。ずっと同じ位置で全ての選手が通過するのを観戦する定点観測派とお気に入りの選手や優勝争いの行方を観戦する回遊派(前半までは、定点観測して後半は、回遊するハイブリット派もいましたw)

定点観測派の方は、椅子を持参して快適な過ごし方を心得ている方が多く毎年この大会を見に来ているベテランさんといった感じで、○番ホールのセカンド地点が定位置とか○番ホールのグリーンは、ここがよく見えるなどとこだわりの観戦場所がある様でした。

回遊派の方は、お気に入りの選手のグッズやサイン入りのキャップやリュックなどを身につけティーショットやパットが決まったときには、拍手や声援をかけてスポーツ観戦を楽しんでいる様子でした。

男性用のお手洗いの列が女性より長い

高速道路のSAのお手洗いでもデパートやショッピングモールのお手洗いでも東京ドームのお手洗いでも大抵 女性用のお手洗いの列の方がはるかに長いのですがここでは、男性用のお手洗いの列が女性の3倍近くに伸びることがしばしば・・・

男性の場合は、女性より回転が早いので長時間並ぶというわけでは無いのですがなんだか珍しい光景でした。

ギャラリーの数が多かったのは、あの女子プロゴルファー

コース内の飲食ブースにいるとギャラリーの方が多いプロが目の前を通過するときに沢山の飲み物が売れるので少しでもお待たせせずに買っていただける様に色々と準備する必要があるのでギャラリーの方々の人数についつい目が行ってしまいます。

予選2日目のイ・ボミプロのギャラリー数は、本当に大勢でアイドルのコンサートの様にお手製の応援グッズを手にしている方も見られました。

お揃いの応援用ポロシャツを着用されているギャラリーの方をお見かけしたのは、笠 りつ子プロと有村 智恵プロ、ギャラリーの方が黄色いキャップにひまわりのお花をつけていてすごく目立ったのが小倉 ひまわりプロでした。

まだまだ色々な発見がありましたが長くなってしまったのでこの辺で今日もご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
今日も応援の1クリックお願い致します!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です