交通費の精算をスムーズにするLINE Pay




Pocket

GOL夫です。
今日は、1台の車に乗り合わせて行くときの交通費精算の話について書きたいと思います。

普通の交通費精算の場合

いつも車を出し、運転もしてくれるS氏(感謝しております。)
朝の集合場所到着5分前ぐらいに発せられる

「今日の交通費はXXXX円です。」

をきっかけに「はいよ~。」とお金をまとめるのがいつもの私の仕事。この時、小銭がない・・・とか言ってしまうと「使えない人」の代名詞みたいなものなので普段は小銭を持ち歩かない私もこの瞬間の為に小銭を用意しておきます。

それで「お釣りある?」て言われたときにさりげなく「あ、ありますよ。」なんて言ってちょっとした優越感に浸るわけです。

いつもとは、様子が違う支払い方法

今回もGOL夫がちょっとだけ活躍するその時が来ました。
高速道路を降りてS氏

「今日は2,300円でお願いします。」

「はいよ~。今日も運転ありがと。」

一人目が、お金を渡してきました。お釣りなしの丁度の金額(ふむふむやるな。)
私も自分の分をそこに足して4,600円回収。うん、ここまでは順調、最後のおひとり、なかなか出てこない。(ああ、きっと5千円札とかしかなくて細かいの探しているのかな。なになに大丈夫、千円札も小銭も山ほどきたしどんとこい!)ところがいつまでたっても出てきません。もう到着しちゃうのに、ああ、そうかきっとトランクにお財布入れちゃったのかね。まあ聞いてみようと思った瞬間、運転していたS氏から

「受け取りましたよ!」

的な発言。は?

「ラインペイ(LINE Pay)にしたんだよ」

・・・現金握りしめて会計準備していた私はなんだったんだ。照れるわ~(汗)ラインペイ始めようかな、、

早速登録 LINE Pay

思い立ったらすぐ試さないと気が済まない性分。せっかちともいいます。家についてすぐにGoogleに“ラインペイ”と入力。ありました。説明によるとこうある。

1) ライン友達同士は送金、割り勘などができる。
2) 勿論、加盟店での支払いにも使える。
3) 登録簡単。
1)2)は問題ない。そのとおりだろう。問題は登録簡単が本当なのか。やってみるしかない。

まずは、ラインのアプリを開けると下のバーに「ウォレット」というのがあるのでそこをクリック。


そこに「ラインペイを始める」というボタンがあったのでクリック。

30秒で完了しました。確かに簡単。どうやらこの状態で、セブン銀行などでチャージすれば使えそうである。
オートチャージもできるっぽいがそのためには本人登録があるようなのでとりあえずはこれでよいかな。

これで次回から交通費の割り勘は私もキャッシュレスさ!
にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村
今日もお付き合いくださりありがとうございます。
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村
—–GOL嫁の一言—–
LINE Payを登録してから使ってみたくて仕方がない様子のGOL夫。
GOL息子のお小遣いを「LINE Payにしたらどうかな?」とまで言い出しておりますが・・・お小遣いがLINE Payになったら使い道が限定されてしまい可哀想だなと思うGOL嫁です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です