戦後初のゴルフ場?ゴールド川奈カントリークラブで気づいた事

Pocket

GOL夫が見た『ゴールド川奈カントリークラブ』

最近、ブログを書いているのも理由の一つでしょうか。ゴルフ場で、今まで気づかなかったようなことが気になります。ゴールド川奈カントリークラブで気になったのはシンボルロゴの蝶々。「昭和な感じ」とギャップを感じます。(笑)そこで調べてみました。

わかったこと①
昭和な感じである理由は昭和23年(西暦1948年)開場だから。69年の歴史を誇るゴルフ場でした。なんと戦後初のゴルフ場のようです。これだけの期間、運営されているのは素晴らしいことと思います。正直クラブハウスは老朽化は進んでいましたが、コースはとてもきれいでした。いくつものご苦労があったと思います。一人のゴルフ好きとして感謝です。

わかったこと②
もともとは「伊東パークゴルフ場」。2005年に名称変更しています。経営会社が変更になったのですね。新しいブランド名が「ゴールドクラブ」そのシンボルが気になった蝶々だったわけです。

分かったこと③
ゴールドクラブは全国に7か所。

「佐野(千葉)「木更津(千葉)」「札幌」「福井」「越後湯沢」「栃木」そして「川奈」(静岡、伊豆)」そういわれてみればゴールドから始まるゴルフ場、見たことあるなぁ。と思ってアプリGDOスコアで過去のラウンドを検索。そしたらやっぱり!過去に佐野と木更津に行っていました。木更津は2016年1月。詳細は忘れてしまいましたがよいゴルフ場だった印象だけは残っています。佐野は2017年1月。なんと1年前でした。こちらは全く覚えてないのですが、スコアは111。やっちゃっていますね。(笑)記録から分かる範囲だとパターが44。これは自己ワーストです。きっとグリーンが難しかったのかな。

 

今回の「ゴールド川奈カントリークラブ」でのゴルフの感想。スコアはまあまあで楽しかったです。ところどころで相模湾、富士山が一望できる場所があってそれは爽快です。クラブハウスはお疲れ気味ですけど、長年ゴルファーを楽しませてくれていた証でしょう。あとはアクセスですね。下道が細くて長い。帰りがちょっと辛いのは否めません。

今日の結論、ゴールドクラブシリーズはいいゴルフコースだとおもう!

ブログランキングに参加しています。
1クリックで1票になります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です