どうする?ハワイで熱が出た!

Pocket

またまた雪が降った関東地方ですがハワイは、雨が降ったりやんで暖かく(暑く)なったり南国特有のちょっぴり湿気を帯びた温かさに包まれています。

そんな中、一緒に旅行している息子の友達が今朝から発熱・・・GOL嫁家族は、割と丈夫なもので旅先で熱が出たり怪我をしたりなどで病院のお世話になることは、これまでありませんでした。

さてさて、こんなレアな出来事どうしたものか・・・

海外旅行保険は、風邪で病院にかかっても使える

喉が痛くて熱がある・・・が発覚して最初にGOL嫁が確認したのは、『海外旅行保険入ってる?』ということ 海外では、多額の医療費が請求されると聞いていたので安心して治療が受けられるかを確認です。

幸いにも出発当日にお見送りのお母さんが保険を申し込んでくださっていたので診療治療費、薬代は、保険でカバーされます。成人されている方は、クレジットカードに付随されていることが多いのですが補償範囲をしっかり確認しておくと良いと思います。

今回加入していた損保ジャパン日本興亜さんの保険は、低価格ですが治療費をそのまま保険会社さんに請求していただけてとてもスムーズでした。

ハワイで発熱、どこの病院に行けば良い?

お次は、病院選びです。日本語が通じる病院は、ワイキキにお泊まりの方の場合は、何件かありますのでその中から選びました。

  • 日本人医師のいる ワイキキ緊急医療クリニック 堀医院
  • 保険に加入して入ればキャッシュレスのストラウブ・ドクターズオンコール
  • 小児科もある上野メディカルクリニック
  • 長期滞在者向けの聖ルカクリニック

この中からドクターズオンコールに行くことにしました。理由は、専属の送迎ドライバーがいること 発熱して辛そうな子供(と言っても17歳)の移動にタクシー待ちなどを考えたり不慣れな英語でタクシードライバーに道を伝えるよりホテルークリニック間を慣れたドライバーが運転する送迎車で移動できることを優先しました。(無料ですが降車の際に 1人1ドルのチップを渡しました)

ハワイで病院へ、持ち物(未成年の場合)

持ち物は、保険証書、パスポートですが
未成年者の診察の場合は、保護者の同意と保護者の付き添いが必ず必要になりますので保護者のパスポートも持参しなくては、なりません。
今回の様に、保護者となる成人が親子関係にない場合は、親権者からの委任状が必要となります。

気軽にハワイにGOL息子の友達を誘って連れてきてしまったので委任状など持っていないGOL嫁は、クリニックの受付の方と相談して日本にクリニックから電話をして確認していただくという方法を取ることになりました。

日本との時差は、19時間。ハワイ時間の朝9時過ぎに病院に行きましたので日本時間は、午前4時過ぎ・・・(申し訳ない・・・と思いながら)緊急案件でしたので思い切って電話をして(ありがとう!アメリカ放題)事情を説明しました。

クリニックからの電話では、GOL嫁が保護者として受け入れられるために本名(フルネーム)とGOL嫁の生年月日を親権者さんに答えていただかなくては、なりません。本名は、知っていると思われますが生年月日は、知らないはず・・・事前の電話でお伝えして(念のためLINEにも送信)クリニックからの電話で確認完了。やっと保護者として認められました。

通訳さんと一緒に診察

ドクターズオンコールでは、日本語のできるスタッフさんが常駐しているので受付は、全て日本語でできます。診察時も通訳の方が付き添ってくださりドクターの話すことを全て教えていただけます。

体重測定、血圧・脈拍を測定して診察です。日本では、インフルエンザが猛威を奮っていることを伝えましたので検査をしました。しかし・・・結果は、陰性。発熱からあまり時間が経過していないせいかもしれません。インフルエンザの可能性は、排除できないということで5日分のタミフルが処方され、解熱・鎮痛・消炎剤のイブプロフェン、咳止めの(かなりマズイらしい)シロップもその場で処方されました。

最近、日本の病院では、院内で処方されることがほとんどないので病院・薬局とまわらずに1箇所で完了することがとても助かりました。

気になる費用は?

海外保険の指定クリニックのため支払いは、直接保険会社へ ということで1ドルもお支払いせずにホテルまで専属のドライバーさんが送ってくれました。

受付近くでお金をお支払いしていた方のトークに聞き耳を立ててみたところインフルエンザの検査&タミフル処方で240ドルくらいでした。(入っていた良かったね保険)

ゴルフネタは、お休みとなりましたが海外ゴルフに行かれる方のもしもの時のご参考までに

ブログランキングに参加しています。
1クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です