ビギナーゴルファーだから知っておきたいグリーン上のマナーとは?




Pocket

グリーン上で怒られてしまった話を聞いて・・・

先日GOL嫁のお友達ゴルファーが『初めてパーを取れて嬉しくてはしゃいでしまって、同行者のパッティングラインを踏んでしまって怒られてしまった。』という話を聞いて あるある。そういうことあったよな・・・と自分の過去のプレーを振り返ったGOL夫です。

ゴルフはマナーが大事って言われますよね。まあ、別にゴルフだからマナーが大事だっていうわけでもないと思うし、堅苦しく考えすぎても窮屈だと思います。要するに周りの人が気持ちよくプレーできる心がけっていうことですよね。そのようにゴルフのマナーを捉えるとても理にかなっているものが沢山あります。そういうものは大事にしたいですね。

私にも色々な人がその時々に色々なことを教えてくれます。
スポンサーサイト

著作者:meridican

ピンフラッグにまつわるマナー

例えば、ピンフラッグにまつわるマナーにも色々あるようです。

その一、「ピンを抜くのはボールがピンに一番近い人。」—最後にパッティングするからですね。合理的で納得

その二、「ピンはグリーンの外に置く。」ボールが当たったらペナルティになるからという説明も腹落ちしますけど、私は「みんなが使うグリーンを傷めないようにするため」という説明が好きです。

その三、「抜かれたピンを戻すのは最初にパットを終わらせた人。」うん、合理的。スムーズなプレーに繋がりますね。

その四、「抜かれたフラッグピンを戻すまで、持って待つ時はフラッグピンは横にして、旗の部分を抑えて持つべし」私が一番なるほど!と思ったのはある先輩ゴルファーさんがプレー中に教えてくれたこのグローン上のマナーです。

正直、最初に聞いた時はそんなこと、どうでもいいだろうって思いました。でもその後、その理由を教えてくれました。

①横にする理由。ピンを立て持っていると自分達の後ろのパーティーが、グリーンが空いたと勘違いして打ち込んでくる可能性があるから。

②旗の部分を抑えておく理由。風で旗がバタバタしてパッティングしている人の気が散るのを防ぐため。

うーん。なるほど。素晴らしい! これがいわゆる一般的に言われるマナーなのか、その人の気配りなのかはわかりません。でも私はこれを教えてもらった日から実践しています。



マナーを覚えるためには?

初めてのラウンドが気心の知れたゴルフ慣れした友達なら遠慮なく色々教えてもらえるけれど身近にその様な友達がいなかった場合は、レッスンプロとまわるレッスンラウンドなどで教えてもらうと良いでしょう。プレーは、もちろんのこと豆知識やマナー&細かなルールなども確認できて良いと思います。(少々、お高いですが知識は、財産ですから)

友達同士で楽しんでいるプレー中にマナーについてあれこれ言ってしまうと楽しい時間に水をさすような気持ちになるかも知れませんがゴルフは、紳士・淑女のスポーツですからそこも含めて楽しめるようにお互いが気を配ることも必要だなと感じました。

改めて確認してみた!グリーン上の基本マナー

・走らない

・同行者のパッティングのラインを踏まない

・ボールマークを直す

・フラッグピンは、グリーンの外に置く

・打つ人のそばに立たない(自分の影がかからない様にする)

・カップの近くは、踏まない

 

ランキングサイトに参加しています。ポチッといただけると励みになります。

にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です