ゴルファーに共通するイライラのツボ




Pocket

昨日のこと
アルバイト先でゴルフ好きの社員の方々と談笑していましたら(当然ネタは、ゴルフの話)『最近、スロープレーにイライラしない方法を見つけたんだよ』との発言が。
これには、みんな興味津々で食い気味でその方法を聞きました。

前の組がのんびりしているなと感じたら

アベレージゴルファーさん以上になるとプレー中に前の組がのんびりしているなと感じることがあると思います。(GOL嫁には、あまりないのですが)特に飛ばし屋さんは、ティーショットやセカンドショットを打ち込む心配があるので特に前の組ののんびりが気になるのではないでしょうか?

スロープレーにイライラしてしまい自分のスコアが崩れてしまうとせっかくのラウンドが台無しになります。そこで編み出した方法は、ミドルホールでは、前の組がグリーンに乗ってからティーショットを打つのだそうです。ティーショットでは、待ちますがセカンドでは、待たずにプレーができるとのことでした。後ろが詰まっている時には使えない方法ですがゴルフは、メンタルスポーツと言われますのでこの方法を試した後半とイライラしながらプレーしていた前半では、スコアが劇的に変わったようです。

同行者がのんびりしているなと感じたら

素振りを3回以上する人や素振りをした後にもう一度後ろに下がって方向を確認してまた素振りする人、自分の順番がきてから距離測定機で距離を確認する方、とにかく写真を撮っている人、GOL嫁の様に下手くそ故に打数が多い人など原因は、様々ですが同行者がのんびりしていると自然とペースが狂ってしまいます。特に後ろの組が待ってたりするとついつい自分が打ち急いでしまい疲労感たっぷりのゴルフになることも・・・

そんな時の対処法

  1. カート移動を早めにして無言のプレッシャーをかける
  2. 自分が打った後は、クラブをしまわずに持ったままカートに乗る
  3. 「後ろが待っているよ」とか「少し巻きで」と声をかける

それぞれのペースでゴルフを楽しめたら一番良いのですがそういう訳にはいきませんので特に同行者がビギナーさんの時は、はっきりお伝えする方が良いかと思います。関係性的にお伝えできない時は、次回のゴルフは、4人ではなく3人でプレーするなど他の組の迷惑にならない様な配慮が必要だとゴルフトークをしながら全員意見が一致しました。

自分のプレーがもしかしたらスロープレーになっているかも・・・と疑って見ることが解決の近道かもしれませんね。目指せ2時間!ナビ付きカートの場合は、所要時間も表示されることが多いのでビギナーゴルファー&初心者ゴルファーさんは、気にかけて見ると良いと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村
今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
スロープレーに関しては、感じ方が人によって違うかもしれませんがクラブを複数持って走る、周りのプレーヤーや後続の組の方に声かけをするなど気づかいで緩和されることもあります。まずは、疑う&気にするが大事かなと思うのです。 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です