続・次のゴルフこそ100切りを狙いたい




Pocket

我が家の息子くんが部活の合宿に出かけたのでこの週末は、ゴルフ三昧と決めているGOL嫁&GOL夫、『最近、ゴルフに行き過ぎなのでは?』と息子くんに苦言を呈される事が増えてきたので合宿で不在の間に2日連続でゴルフに行く予定のGOL嫁です。

この2日連続のチャンスになんとしても自己ベストを更新したく、練習に行ったり色々考えたりしているわけです。

シングルプレーヤーさんからのアドバイス

GOL嫁にとっては、このカテゴリーの方の代表は、GOL父でありますが今回は、シングルプレーヤーのお友達からのアドバイスです。

一つ一つのショットに集中する事
GOL嫁は、アプローチの時に後ろの組みがセカンドショットの位置まで来て待っている様なそぶりがあるとかなり焦ります。焦るからミスも増えます。お待たせしては、いけないと思うので走る事は、もちろん パターなどのタイミングも早くなります。(通常でもかなり早い方と言われますが・・・)この全てがNGだと言うわけです。

「普通にしててもミスが出るのがビギナーゴルファーなのに焦って打ったらますますミスが増えるでしょ・・・」(仰る通りです。)

後ろの組みが見えても特別遅いプレーをしているわけじゃ無いのだから普段のリズム通り確認するポイントは、確認してショットする事が大切な様です。

スィングの精度を上げる事
これは、もう練習するしか無いのですがどのクラブを使えば何Yardなのか10回連続して同じ様な場所に打てるなど練習場ですらあちらこちら気ままに飛んで行ってしまうボールをコントーロールできる様に自信のあるクラブから練習して行くと良い様です。

気が遠くなるほど難しい事ですが仲良しのクラブを増やす練習をしなくては・・・と思いました。

要するにメンタルも技術もまだまだ足りないと言う事なのです。

最後は、レッスンプロからのアドバイス

アプローチとパターを徹底的に練習
苦手のパターについては、1回で入らられ無いならば2打目をどの位置から打ちたいかを考えてパットを打つ事が大事だと教わりました。
例えば・・・上りのパットならオーバーしてしまうと下りの難しいパットに返信してしまうので上りは、ショートしてしまうかも・・・と言うさじ加減で打つ。
逆に下りは、ショートしてしまうともう一度下りが待っているので強気で打つ様にすると3パットがかなり減るとのアドバイスをいただきました。

そうは、言っても パター練習をしないとその距離感すらわからないと思いますよ・・・とも言われました(涙)

こうして書いてみるとできる様な気分になってしまうのが不思議ですが ただ普通に練習&ラウンドするより明確にポイントを抑えてする方が100切りにより近くなるはず!明日に備えて今日も練習場に行ってきます。

100切り達成への応援クリック
お願いします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です