ラウンド前日にした方が良い練習とは?




Pocket

明日は、ラウンドだ〜と張り切っていたGOL嫁にお仕事先で仲良くさせていただいているゴルフ好きのナイスミドルのMさんから
Mさん『練習場行ってるの?何球くらい打つの?』
と聞かれまして
GOL嫁『毎週末のどちらかもしくは、両方練習場に行ってます。1回に150〜180球くらいですかね・・・』
と得意げに答えましたところ
Mさん『ダメダメ、そんなに打っても意味ないから』
とダメ出しを受け、効果的なラウンド前の練習場の利用方法を教えていただいたので早速実践してきました。

ラウンド前日の効果的な練習方法

打数よりイメージが大切!
GOL嫁の場合、苦手なアイアンで10回連続ナイスショットが出るまで打ってみようとか50ヤードの位置にあるグリーンに10回連続ボールを止める。というような練習をして体で覚えようとしていましたがそうでは無いようです。

実際のラウンド予定のコースレイアウトなどをプリントアウトして1番ホールのティーショットをイメージして打ってみる→ボールの行方をコースレイアウト上に印をつける→コースレイアウト上の場所から使うであろうクラブに持ち替えてセカンドショット→同じようにアプローチ という様にグリーンにのるまでをイメージしてみる練習が効果的と教えていただきました。

ゴルフのスコアのほとんどは、メンタルが重要になってくるので練習場の平らな人工芝のマットの上でどんなに上手く打つことができても実際のゴルフ場の傾斜のある芝の上では、同じ様に打つことができないことが多いからだそうです。(確かに練習場では、なんとなくナイスショットが打てるのにラウンドすると全然ダメなことは、よくあります。)

実際にコースレイアウトを使って練習して見た

教えていただいたことは、なんでもすぐに試して見たくなる好奇心旺盛なGOL嫁(特にゴルフに関することならスコアがUPすると聞けばなんでも試したい(笑))早速コースレイアウトをプリントして練習場へと思いましたがラウンド予定こゴルフ場の公式HPのコースレイアウトは、小さすぎて難しく 楽天GORAさんのサイトのコースレイアウトをスクリーンショットして練習場に行きました。

画像内の赤の印がGOL嫁でブルーがGOL夫のボールの行方です。2人ともティーショットは、まっすぐ良いあたりでしたがGOL嫁のセカンドショットは、左に向かって引っ張り気味のゴロに・・・
これは、1人で黙々とするより2人であ〜だ、こ〜だ、OBだ、バンカーだ などとお互いをジャッジしながら進めていくとよりリアルな感じになって楽しいです。(別に楽しむ練習では、無いのですが・・・)

とりあえずハーフラウンドをするイメージで9ホール分印をつけつつ練習して見ました。

セカンドショットを大きく右に曲げてOBの後、打ち直してチョロ・・・と残念なシュミレーションのホール(現実にならないことを祈りたい。)

残念ながらコースレイアウト画像では、傾斜や高低差などは、わからないのですが レイアウト上に印を付ける事でゴルフ練習場内のどの辺りを狙って打つのか1打1打を真剣に考えて練習することができました。しかしiPhoneの画像に印を付ける動作が若干めんどくさいのと印をつけたいポイントが微妙にずれるのでコースレイアウトをプリントアウトしてカラーペンで書き込んでいく方が手軽でよりリアルに楽しめると思いました。

普段なんとなく眺めているゴルフレンジヤード表示をこんなに真剣に見たことは、ありませんでした。
さて、今回の練習の効果は、あらわれるのでしょうか?楽しみにラウンドしてきます♪

ブログランキングに参加中です。
1クリックいただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です